オニバスについて

スイレン科オニバス属オニバス

onibas_leaf.jpg

オニバスは本州、四国、九州、中国大陸、台湾、インドに分布し、池や沼にはえる1年生の水草。ちなみに、子供が載っている写真で知られているのは違う属のオオオニバスとパラグアイオニバスです。

【和名】 オニバス(鬼蓮)
【学名】 Euryale ferox Salisb. (エウリアーレ フェロックス)

ギリシャ語の euryalos は「広大な」という意味
ferox は「棘が多く危険」という意味

【別名】ミズブキ(水蕗)、イバラバス、イバラブキ、 ハリバス、 ドンバス、ジゴクノカマノフタ
【古名】 ミズフブキ

オニバスの花

3flowers.jpg

花は晴れた日の朝6時くらいから開き始め11時くらいが一番開きます。
葉を突き破って花を咲かすもの、水中で開くものどの花も個性的です。咲いた花は茎を伸ばして3日めの夕方には水の中に姿を消します。

flower_closed.jpg花を咲かさない閉鎖花もあります。

genki_s.jpg

不思議な花だなぁ。
開放花は紫色の美しい花を咲かせるんだね。
でもたくさんつぼみがあると思っているのに花が開かない閉鎖花があるなんて知らなかったよ。
それでも種はできるなんて、すごいね。

オニバスの種

seed.jpg

floating_seed.jpg
sprout.jpg


オニバスの種はひとつの花の中にたくさんできます。水にプカプカと浮くようにまわりに仮種皮をつけています。仮種皮の中は黒い色の種があります。発芽率が非常に悪く、気長に見守ることが必要です。50年くらいは泥の中で生きているといわれていますが、まだまだ謎が多いオニバスです。

genki_s.jpgたくさん種が入っているね!
上手に浮くように仮種皮(かしゅひ)があって気の向くまま流れていくんだって!
オニバスが毎年同じところに咲かないのは種でふえるからだね。こんなにたくさんの種があるのに 翌年に芽がでるのは10%ほどらしい。なかなか気難しい種だね。きっと彦根城の堀にもたくさんの種が眠っているのだろうなぁ。目覚めてくれるといいな。

古典に見るオニバス

【清少納言枕草子  一四七段】
おそろしげなるもの
つるばみのかさ。焼けたるところ。
水ふぶき。菱。
髪おほかる男の洗ひてほすほど。
(意味)
見ておそろしく感じられるもの。
栗のいが。火事場のあと。
鬼蓮。菱。
髪の多い男が、頭を洗って乾かす間。

genki_s.jpg葉も花も棘だらけだから 恐ろしく見えるね。
清少納言が枕草子を書いたのって、今から1千年ほど前なんだよね。
その頃、都にはたくさん水ふぶきは咲いていたのかな?
そんなに遠くまで出歩くことってないだろうし、きっと身近な植物だったのだろうね。

オニバスマップ

彦根と全国のオニバス生育地域のマップです。

Twitter

最近のブログ記事

彦根城のオニバス観察会 2018/9/8(日)
例年9月最初の土日に開かれているオニバ…
4/13(土)荒神山の自然観察会(カスミ桜 等)
4/13(土)荒神山子どもセンター集合で…
2019年の活動予定(自然観察会など)
今年度の活動計画をアップしました。 20…
彦根城のオニバス観察会 2018/9/9
毎年恒例の彦根城のオニバス観察会。 お堀…
2018年の予定
遅くなりましたが、今年の観察会の予定など…
彦根城の桜の観察会
https://www.facebook…

アイテム

  • 2019008_onibas_s_21.jpg
  • 2019008_onibas_s_20.jpg
  • 2019008_onibas_s_18.jpg
  • 2019008_onibas_s_14.jpg
  • 2019008_onibas_s_15.jpg
  • 2019008_onibas_s_11.jpg
  • 2019008_onibas_s_10.jpg
  • 2019008_onibas_s_08.jpg
  • 2019008_onibas_s_06.jpg