ニュースの最近のブログ記事

今年度の活動計画をアップしました。

2019年 活動計画・記録

次回は 5月12日(日)芹川の自然観察会
8:50に中藪の晒庵に集合です。


遅くなりましたが、今年の観察会の予定などをアップしました。
ぜひご参加ください。

◆ 2018年 活動計画・記録

20170722_onibas_cas_002.jpg7/22(土)の午後、中堀の天然記念物指定地の様子を見に行ってきました。
いつも株が出る尾末側の石垣下には一株も見えず、オニバス看板の奥の堤防の際に一株だけ育っているのを確認。

20170722_onibas_cas_003.jpg近くに寄ってみると、25cmくらいの葉が3枚。
花芽は確認できませんでした。
葉もなんとなく元気がなく、水質が悪そうです。


20170722_onibas_cas_005.jpg桜場の石垣の上から見るとこんな感じ。
周囲を見渡してもオニバスはこの一箇所だけのようです。


20170722_onibas_cas_001.jpg一昨年は全く育たず、去年少しだけ持ち直した感じの玄宮園前のハスは、今年は中堀一面に育って花も咲かせているようでした。
ヒシやハス、オニバスで水面全体が覆われるような中堀に戻ってもらいたいものです。

20170722_onibas_flower_003.jpgWeb管理人の庭で今年最初のオニバスの花が咲きました。
市役所やお堀のオニバスの開花はまだみたいなので、もしかして彦根で一番乗り?
里親さんのところはどうでしょうね?


20170722_onibas_flower_001.jpg今年は一回り大きな入れ物にしたので、葉も広がって良く育ちました。


20170722_onibas_flower_002.jpg心なしかメダカも嬉しそうです。


20170708_onibas_tyosyo-in_001.jpg彦根市中央町のお寺「長松院」様にオニバスを置いていただけることになり、お届けしてきました。本堂前の檀家のみなさまの目にとまりやすい日当たりの良い場所を選んで置いてくださいました。

彦根藩初代井伊直政が関が原の戦いの傷によって亡くなられた際に直政の遺志により芹川の河原で荼毘に付されたとされており、その跡地に建立されたのがこの長松院だそうで大変由緒のある曹洞宗の名刹です。

長松院様のご住職は、昨年の「彦根の音楽家を支援する会」の演奏会にもご協力をいただき、開かれたお寺として地域との関わりを積極的に進めていただいている素晴らしい方です。

◆長松院様Webページ: https://www.choshoin.org/
◆長松院様のFacebookページ: https://www.facebook.com/longpine458/

20170708_onibas_tyosyo-in_004.jpg里親になっていただいたことを証明する「オニバス系統書」をお渡しして記念写真。
育て方として夏場の水の管理さえしていればそれほど世話が要らないことをお伝えし、彦根の天然記念物であること、固有種として彦根市外への持ち出しをお断りしていることなどを説明させていただきました。
これから花が咲くいい時期になると思いますので、順調に育ってくれればと楽しみです。


ご住職が早速お寺のブログにオニバスのことをアップしてくださいました。
ありがとうございます。
早くも池を造りたいとおっしゃっておられ、その折にはオニバスプロジェクトとしてもぜひともご協力させていただかねばと思っております。

◆萬年山 長松院 - 井伊直政公の寺 長松院
 「オニが仲間になりました。」

また、機会があれば、檀家のみなさまにオニバスのことをご紹介できればと思います。
これからもよろしくお願いいたします。

20151003_biwako_alien000.jpg彦根・松原水泳場脇のスロープにナガエツルノゲイトウが繁殖しているということで、確認に行ってきました。 写真は【Webアルバム】で 先に、10年ほど前から繁殖が確認されていて、毎年駆除活動が行われている彦根市南部の神上沼の様子を確認。ここは、良くバスフィッシングに訪れていた場所ですが、今年になって南湖で問題になっているオオバナミズキンバイが侵入したという話を聞いていたので、どうなっているのか気になっていました。 神上沼は湖周道路で分断されて琵琶湖側と東側に分かれており、湖周道路をくぐる細い水路でつながっているのですが、まずは東側からぐるっと一周。 20151003_biwako_alien001.jpg岸際はだいたいヨシで覆われていますが、その根本にはところどころにナガエツルノゲイトウが根付いているのが見えます。場所によっては、大きな群体を形成している状況。 上の写真は東側にある流れ込みで、以前上流にアユの養殖場があった時は割合流入量も多く水もきれいだったのですが、今は淀んだ状態です。この周辺はナガエツルノゲイトウでいっぱい。浮き産卵床が作ってあった頃は、その周囲をびっしりとナガエツルノゲイトウが覆っていた時もありました。 20151003_biwako_alien002.jpg湖周道路の下をくぐる細い水路のトンネルで琵琶湖側とつながっています。 この辺りもいっぱい生えています。 ただ、東側の沼は全体的にはピーク時に比べるとかなり減っている印象で、駆除活動がそれなりに効果を示しているように思えます。 20151003_biwako_alien003.jpg琵琶湖側は池の中央の大部分はヒシが制圧。周辺のところどころにナガエツルノゲイトウが見られますが、それなりの量が繁殖しています。 20151003_biwako_alien004.jpg神上沼の流れ出しは、北は柳川集落北側のお墓の辺りに繋がる水路と、南は柳川漁港脇の水門に繋がる2箇所。上の写真は北側の流れ出しで、そこそこの流量があり、多くはこっちに流れているようです。 20151003_biwako_alien006.jpg南側の流れ出しは、このすぐ下流に水門が有り、北側に比べると少し流れがないように見えました。昔はもっと流れ出していた印象があります。流れ出しの橋の周辺にはやはりナガエツルノゲイトウの群生が見られます。 ぐるっと沼を一周してみたところ、オオバナミズキンバイの繁殖は見られず。 見落としていることはないと思いますが、現認者がいますので、どのへんに出ていたのか聞いてみないといけません。 20151003_biwako_alien008.jpg南側の流れ出しが下流の水路と繋がる辺り。 合流地点近くは、ナガエツルノゲイトウの群生が有り、上流側はヒシが優勢です。 20151003_biwako_alien009.jpg出会いの地点から神上沼方向を見ると川の中はナガエツルノゲイトウでびっしり。手前の方はヒシで覆われており、ヒシと外来種のせめぎあいが見られます。 20151003_biwako_alien010.jpg漁港脇の琵琶湖に繋がる水路付近にもたくさん繁殖している状況でした。ここから本湖にも容易に流れていきそうです。流れ着いた先が定着しやすい場所であれば、そこで繁殖していくことになると思われます。 20151003_biwako_alien011.jpg少し前は漁港の中では見かけなかったはずが、既に侵入していました。 20151003_biwako_alien012.jpg次に北側の流れ出しが琵琶湖と繋がる場所をチェック。 予想どおり、ここにも群生が見られました。 20151003_biwako_alien013.jpgここは大きな水門がありますが、水門の上流は三面護岸で根付きにくいせいか群生は見られず、琵琶湖側の淀んだ辺りに集中していました。琵琶湖に流れ出す辺りには株は見られません。 この後、大きく移動して松原へ。 途中の宇曽川漁港付近、曽根沼、野田沼、江面川河口付近ではナガエツルノゲイトウは過去見かけていませんし、移動中、遠目にもそれらしいものは確認できませんでした。 また、犬上川、芹川河口辺りでも見かけてはいないです。 20151003_biwako_alien017.jpg松原水泳場のスロープにある桟橋がナガエツルノゲイトウで覆われていました。昨年までは見かけなかったので、今年になって急に繁殖した模様。 どこから来たのかが問題ですが、神上沼辺りの繁殖地から自然に流れ着いたものが定着したものか、あるいはここから出艇しているプレジャーボートがどこか繁殖地に入ってくっつけてきたものか、いずれかではないかと思います。 20151003_biwako_alien014.jpgここは矢倉川河口になっており、そこそこ流れ出していますので、川の中までは外来種が入りにくいはずですが、念のため湖周道路の橋をくぐって確認しにいくと、一部に繁殖しているのが見られました。流れが緩いので北風が吹いて波風が川の中まで入るような状況で奥まで入ってしまったのかもしれません。 神上沼と松原を見たところ、松原のスロープ周りは今なら駆除可能な規模に見えます。埋立地外側のテトラ帯は常に波に洗われているせいか見える範囲での定着は見られず。一方、神上沼周辺は相当な量の繁殖が見られるため、完全に駆除するにはかなり大変そうです。 拡散を防ぐ手立てを考えながらどこから手を付けるかが今後の課題です。 関係者や県と相談しながら対策を考えてみたいです。
20150601_kimagure1223.png 20150523_onibas007.jpg先月 5/23(土)の午後、彦根東高校にお邪魔してきましたが、早速、速報版の「キマグレ」に掲載していただき、まずは校内へオニバスの認知度アップに成功です。 SS科学部生物班の生徒さんが池の中まで入っていただいて、若葉小学校の池から採取したオニバスの苗を植えた鉢を設置した様子を記事にしていただきました。 顧問の細井先生も以前からオニバスに興味を持っていただいており、校舎の耐震補強工事が終わって中庭の池が復活したのを機会に、オニバスを育てていただくことになった次第です。 今まで市内の小学校で育ててもらったことはありますが、担当の先生の異動などで活動が途絶えるようなこともあり、高校で生徒さん主体で活動していただけると継続的な保全活動につながるのではと期待してしまいます。SS生物班の研究対象としていただいて、良い発表のネタになればと思います。 今のところ苗は順調に育っているようで、また成長過程の写真などいただけたら、こちらで紹介させていただきます。
20150523_onibas004.jpg彦根東高校SS生物班の生徒たちが、学校の中庭の池でオニバスを育ててくれることになりました。今日は渡邊代表と一緒に苗と土を持ってうかがい、生徒たちの手で苗を移植してもらいました。 新聞部の生徒さんも取材に来ていただいたので、代表からオニバスについて説明を。 何年も継続的に育ててもらえるようになると大変嬉しいことです。 育つのが楽しみです。 【Webアルバム】
20140823_onibas_hinatsu.jpg
8月23日・24日の「ヴォーリズ建築パネル展&旧日夏村役場耐震改修工事見学会」には多くの方に日夏里館に来館いただき、旧日夏村役場の現状をご覧いただきました。
去る 8月23日、24日に開催された「ヴォーリズ建築パネル展」で、日夏里館で里親さんに育ててもらっているオニバスのパネルを展示いただきました。 ちょうどパネル展の前日に咲いたそうです。 ヴォーリズ建築に関心のある方々には、いまいちアピールできていなかったそうですが、地元でこうしてオニバスの保全に協力していただいているのは心強いです。 里親の古川さんは、少し前の新聞記事にもご登場いただいていますので、ご紹介させていただきます。 20140804_onibas_sato-oya.jpg
台風27号が接近のため、中止を決定しました。

Twitter

最近のブログ記事

【お知らせ】10/12(sat) リニューアルフェス in ビバシティ彦根
今度の週末、彦根VivaCityのリニ…
「チャレンジ!Theごみダイエット」参加
ごみダイエット:カイロは燃えるゴミ?正…
【中止のお知らせ】 9/23(日・祝) 「タカのわたり」 自然観察会
登山道が崩落している模様で、山頂に上…
【お知らせ】 9/8(日) 彦根自然観察の会「彦根城樹木ウォッチング」オニバス等
今回は、NHK大津の「おうみ発610」…
若葉小学校のオニバスも咲いていました
選挙の投票のついでに若葉小学校のオニバス…
市役所のオニバス、咲いてます!
彦根市役所のオニバス、まだ葉はそれほど大…

アイテム

  • 20180909_onibas_115_s.jpg
  • 20180909_onibas_098_s.jpg
  • 20180909_onibas_087_s.jpg
  • 20180909_onibas_078_s.jpg
  • 20180909_onibas_062_s.jpg
  • 20180909_onibas_071_s.jpg
  • 20180909_onibas_057_s.jpg
  • 20180909_onibas_026_s.jpg
  • 20180909_onibas_028_s.jpg