イベントの最近のブログ記事

20171209_onibas_003_s.jpg

【Webアルバム】20171209_オニバス2017年報告会

毎年恒例のオニバス活動報告会が12月9日(土)13:30から彦根勤労福祉会館で開催されました。
今年はプロジェクト活動開始から10周年の節目にあたる年ということで、6名の編集委員で記念の冊子作りを進めてきたのが最大のトピック。
一時は年内の完成が危ぶまれましたが、10月、11月の追い込みで、ようやくこの報告会に間に合わせることができ、参加者の皆さんにお渡ししました。


20171209_onibas_004_s.jpg
A4 200ページに及ぶ冊子は内容も盛り沢山。
これまでの活動経緯から水質検査の年度別の推移、彦鬼くん、美鬼ちゃん誕生秘話やオニバスのスケッチ集、巻末にはオニバスにまつわる貴重な資料の数々が収録され、学術的にも貴重な資料になっています。


20171209_onibas_026_s.jpg
活動報告では、市役所池の保全活動や9月の観察会の様子などの報告とともに、冊子の制作経緯などを説明していただきました。


20171209_onibas_031_s.jpg
全体活動報告の次に、試験地の水質検査の報告。
毎年、その年の結果を説明していただくのですが、今年は冊子に掲載された年度別の各数値の推移を詳しく説明していただきました。数値の変化からお堀の環境がどのように変わってきているか、変わった要因は何かということを探るヒントが見つかるかもしれません。


20171209_onibas_046_s.jpg
市内の小学校では最初にオニバスの飼育を学校として取り組んでいただいた若葉小学校では、総合学習の一環として継続的にオニバスを題材とした授業をしているという報告を校長先生からしていただきました。作文の授業でもオニバスプロジェクトへの手紙という形で取り上げていただいたとのことでした。


20171209_onibas_047_s.jpg
記念冊子の編集委員もそれぞれ一言。
多くの原稿を一つにまとめていただいた最大の功労者の曽我部さん。
サイボウズLiveの活用や、短時間で無駄のない編集会議など、いろいろ勉強になり良い成功体験を積むことができたとコメントされていました。


20171209_onibas_054_s.jpg
報告会に続いて懇親会も行われ、和やかに歓談。
最後は記念写真を撮ってお開きとなりました。
来年は市役所の池が無くなっている状況ですが、若葉小学校をはじめ里親さんのところでも多くのオニバスが育っており、引き続きオニバスの認知度を上げながらお堀のオニバスの保全に努めていきたいと思います。
今年も多くの方にお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

20170624_biwako_clean_042.jpg6/24はびわ湖プロジェクトの琵琶湖岸一斉清掃の日。
県立大で開会式があり、彦鬼くんもひこにゃんや他の地元キャラに混じって参加してきました。
いいお天気で1000人を超える参加者があり、24時間TVの収録も行われていました。

【Webアルバム】

20170624_biwako_clean_024.jpg地元のゆるキャラがいっぱいでした。

20170624_biwako_clean_055.jpgひこにゃんとのツーショットは「紅白まんじゅう」と呼ばれ、大変おめでたいツーショット。

genki_colla.png
ビバシティに展示されていた似顔絵の写真です。
上の画像をクリックするとWebアルバムにジャンプします。

それぞれの絵そのものも可愛く力作ぞろいですが、添えられているコメントが嬉しくなりますね。


20161010_Viva_Genki_042_028.jpg
10月10日の祝日、ビバシティ彦根で朝日新聞サービスアンカー(ASA)彦根主催の「ゆるキャラ似顔絵コンテスト」の表彰式を兼ねて、ゆるキャラパレードが開催され、彦鬼くんも丸一日参加してきました。

【写真はWebアルバムで】

20161010_似顔絵_34.jpg
彦根近隣のいろんなゆるキャラの似顔絵の応募があり、ビバシティ1階のセンターモール付近と2階の研修室のそばにたくさんの似顔絵がパネル展示されていました。
その中で彦鬼くんの似顔絵が銅賞を受賞され、表彰式の後は冒頭の写真のとおり記念写真をパチリ。
(写真の掲載は保護者の方の承諾を得ています)


20161010_Viva_Genki_042_061.jpg
ふれあいタイムでもチビっ子に人気の彦鬼くんは子どもにハグされたり、終始子どもたちに取り囲まれて嬉しい悲鳴をあげていました。


彦鬼くんが大好きになって離れようとしないチビっ子が可愛らしかったです。
またどこかで会いましょう。


似顔絵コンテストも今年で3回目。
彦鬼くんは初回から皆勤賞。
来年もたくさん似顔絵を描いてもらって、また参加したいと思います。

IMG_4078.JPG 今年もオニバス里親さんへの苗配布と説明会。 彦根駅前のアルプラザ平和堂6Fサテライトプラザの会議室をお借りして開催されました。 【Webアルバム】 4期目となる今年、集まった里親さんは5組ほどでしたが、去年までの里親さんは既に自分のところで継続的に育てていただいている方が増え、あらためて説明を聞きに来られたり、苗を受け取りに来られたりはしなくても良いようです。 配布物の資料にも里親さんが育てられたオニバスの写真が使われていました。 IMG_4077.JPGオニバスの基本的な説明は事務局から。
IMG_4079.JPG 渡邊代表からオニバスの育て方の説明があり、その後で苗の配布。 今年も若葉小学校の池で間引いてきた苗を配布しましたが、とても生育状況がよく育てやすそうな苗でした。 IMG_4080.JPG 説明会の後、市役所の池に移動して保全活動です。 前回だいぶ間引きをしたのですが、また株が増えすぎてしまい葉っぱが立て込んできた感じになっています。 大きくなるように思いきった間引きをして、増え始めた藻の撤去も実施。 IMG_4084.JPG だいぶすっきりとしました。 鉢の横の方から伸びている株がけっこう多いのですが、このまま様子見します。 IMG_4086.JPG 市役所の次は金亀公園の試験地へ。 アカミミキャッチャーには数頭のカメが入っていました。 前回小さな苗を移植したのですが、残念ながら一株も残っていませんでした。 若葉小学校の苗を使って移植作業。 IMG_4091.JPG 移植後。 10数株植えましたが、これでどれくらい残ってくれるか。 去年は数株残って花も咲かせることができ、9月の観察会の目玉となりましたので、今年もちゃんと育ってくれたらと思います。
20160603_hikarikan_01.jpg 【Webアルバム】 貴重なヴォーリズ建築である旧日夏村役場を改修された日夏里館でホタルの観察会を開催。 参加者が少なかったのですが、日夏町内をあちこち回って乱舞ポイントを発見。 地元の方々もたくさん見に来られていました。 珍しいヘイケボタルがゲンジボタルと一緒に飛び交うのも見られ、町内を縦横に巡る水路のそこかしこでホタルが見られる日夏町の素晴らしさを再認識できました。 20160603_hikarikan_02.jpg ヘイケボタルが町中の水路で群れているのを発見。 数匹でも珍しいのにこの一帯は全部ヘイケボタル。 飛んでくれないのは残念でした。
2016_0131_bird_watching_039_.jpg 1月31日(日)の朝9時から彦根市「快適環境つくりをすすめる会」主催の水鳥観察会。 好転に恵まれ、ミサゴが間近で飛んでくれて最高でした。 例年よりは鳥は少なかったですが、28種類の鳥を確認できています。 トビ、キジバト、モズ、ムクドリ、ツグミ、ヒヨドリ、スズメ、オオバン、シジュウカラ、ジョウビタキ、ホオジロ、ハシブトガラス、カイツブリ、ミサゴ、カワラヒワ、シロハラ、アオジ、ユリカモメ、カワアイサ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、セグロセキレイ あと 5種類わからず。 今日の観察会では湖周道路の真上までミサゴ(Osprey)がつがいで飛んできて必死でシャッターを切りました。 ダイブして魚を獲ろうとする姿も見られて、テンション上がりました。 猛禽類のミサゴ、かっこいい! 真上からガン飛ばしてました。 【Webアルバムはこちら】
20151213_onibas000_s.jpg12/13(日)の午後、毎年恒例のオニバスプロジェクト活動報告会が実施されました。 【Webアルバム】 事務局からの年間活動報告があり、 ・市役所前の池の保全活動 ・若葉小学校の池の保全活動(児童参加) ・彦根東高校でのオニバス飼育 ・里親さんへの苗の配布 ・琵琶湖清掃活動への彦鬼くん参加 ・名古屋城・東浦町への研修バス旅行 ・オニバスの観察会 などなど、今年も盛り沢山の活動ができたことが報告されました。 また、試験地の環境測定など企業として活動を支えていただいている夏原工業様の測定結果の報告もありましたが、中堀の環境は生き物が暮らすには過酷なほど汚れており農業用水にも適さない状態が続いているようでした。 20151213_onibas001_s.jpg里親さんも何名か参加されており、育てるのに試行錯誤された苦労話や花が咲いた喜びなどをお話いただきました。 また来年も育てたいとおっしゃっていただくと、プロジェクトのメンバーの励みになりました。 20151213_onibas002_s.jpg村長先生がネットオークションで探して手に入れられたという昭和初期の頃の彦根の絵葉書の紹介があり、オニバスが生育していたという干拓される前の松原内湖の写真や、彦根城大手門前のお堀にヒシやハスとともにオニバスが大きな葉を広げて育っている写真など、貴重な資料にみんな驚いていました。 20151213_onibas003_s.jpg彦根城のお堀は水草除去を目的にソウギョが入れられ、屋形船が浮かべられて一見美しい水面のように見えますが、この写真のように一面水生植物で覆われている姿が本来の姿のように思えます。 村長先生からは1994年頃の中堀で堀一面を覆い尽くさんばかりのオニバスが育っている写真も何枚か見せていただきましたが、ここ数年はヒシやハスなど他の水生植物も激減しており、環境に何らかの異変が生じていることに危機感を覚えました。 20151213_onibas004_s.jpg渡辺代表はじめ、参加者のみなさんからもコメントをいただいて中締め。 この後は、多賀株式会社のおいしい地酒をいただきながらの忘年会。 オニバスや地域のことなど話題が尽きること無く暗くなるまで楽しい宴が続きました。 残念ながら楽しすぎて宴会の写真を撮り忘れていました・・・ また、来年も良い活動ができることを願っております。 今年一年、彦根市役所の生活環境課をはじめとする、ご協力いただいたみなさまに感謝申し上げます。 ありがとうございました。
20151010_yuru-char_065.jpg 昨年に引き続き、朝日新聞社さん主催の第二回のご当地キャラ似顔絵コンクールの表彰式がビバシティ彦根で開催されました。 【Webアルバムはこちらです】 20151010_yuru-char_036.jpg 20151010_yuru-char_028.jpg登場したご当地キャラは、前列左から「あさ彦(ASA彦根)」「ココラちゃん(甲良町)」「やちにゃん(四番町スクエア)」「ビバッチェくん(VivaCity彦根)」、後列左から「彦鬼くん(彦根城オニバスプロジェクト)」「ゑびすくん(銀座通り商店街)」「よいとちゃん(豊郷)」「ひこどん(彦根)」 司会進行はおなじみのやまもとひまりさんでした。
20151010_yuru-char_044.jpg 20151010_yuru-char_000_1.JPG金賞を受賞されたのは、甲良町のご当地キャラ「ココラちゃん」を描かれた城東小 6年生の本間さん。 ひまわりに囲まれたココラちゃんがとても楽しそうに描かれた良い作品ですね。 IMG_2694.JPG 第二回となる今年は昨年以上にたくさんの応募作品が集まり、オニバス彦鬼くんの似顔絵もたくさん描いていただきました。 彦鬼くんのキャラクター賞は、河瀬小 5年生の所さんが受賞されました。既成のカットではなくお堀で泳ぐ魚の上に彦鬼くんと美鬼ちゃんがまたがったオリジナリティのある構図がとても素晴らしいと思います。 白鳥も可愛いですね。 20151010_yuru-char_070.jpg表彰式の後はステージの周りでキャラたちとのふれ合いタイム。 受賞したこどもたちも盛んに記念写真を撮ってもらって和やかな雰囲気です。 IMG_2698.JPG 【彦鬼くん似顔絵写真集はこちらです】 今年の似顔絵の展示場所は、ビバシティ2階のビバシティホール前の廊下。 人通りの多い場所からはかなりはずれた所なのが少し残念です。 また、かなり高い場所まで貼られていて小さいお子さんなどには見にくい展示方法に見受けられましたので、来年からはもう少し場所と展示方法を見なおしていただけることを望みます。 主催の朝日新聞さん含め、どこかでお伝えしておきたいですね。
20150906_onibas_07.JPGあいにくの雨模様でしたが、たくさんの参加者をお迎えして毎年恒例の玄宮園の樹木観察とオニバスの観察会が開催されましたので、簡単にご報告いたします。 【Webアルバムはこちらから】 20150906_onibas_00.JPG20150906_onibas_02.JPG金亀公園事務所前のオニバス試験地の観察は予定に無かったのですが、花が咲いているのが確認できたので、玄宮園に入る前に急遽見に集まりました。かなり大きめの花が咲いていて、オニバスに特徴的な自分の葉を突き破って咲いている花も見られ、最初からみなさんのテンションもアップです。 20150906_onibas_04.JPG玄宮園入場前に、講師から玄宮園の樹木について簡単にレクチャー。 17世紀後期に4代目藩主・井伊直興が下屋敷として造営したという玄宮楽々園は、彦根城と比べると照葉樹中心の植生は同じですが、植えられている樹木の種類を見るとタブノキなどの割合が多かったりいろいろ違いがあるそうです。 20150906_onibas_05.JPG保全工事中だった楽々園も主なところは完成し公開が再開されています。 20150906_onibas_06.JPG講師の説明に、みなさん熱心に聴き入っておられました。 玄宮園の後、桜場駐車場から見下ろせるオニバスの天然記念物指定地を見に行きましたが、残念ながら今年は全く株が見られない状態でした。代わりに土手にたくさん出ていたキノコの観察など。 一旦、ここで第一部は終了し、第二部である市役所前池のオニバス観察へ移動しました。 20150906_onibas_08.JPG前日、会員で掃除した市役所の池ですが、こちらは花が顔を出していなくてちょっと寂しい観察会になってしまいました。ただ、大きな葉の裏側などが間近で見られて、みなさん興味深く説明に耳を傾けておられました。 20150906_onibas_10.JPG最後は彦鬼くんも登場して、しばしの撮影タイム。 ちびっ子も大人もかわいい彦鬼くんと一緒に写真を撮って楽しいひとときになりました。 今年は、始めてお見かけする参加者の方もだいぶ増えて、徐々にオニバスに関心が高まっているのを実感できました。一方、中堀の天然記念物指定地の状況はかなり悪いように見受けられましたので、来年がどうなるか非常に心配で、育たない原因の究明も引き続き取り組んでいかねばなりません。

Twitter

最近のブログ記事

オニバス里親説明会
さる7月4日土曜日、彦根市役所でオニバス…
2015年6月6日 ホタルの観察会
彦根市・快適環境づくりを進める会主催の…
第一回ご当地キャラ似顔絵コンクール♪
3連休初日の10月11日土曜日、『第一回…
オニバス里親さん
昨年に続いて、オニバスの里親さんの募集が…
びわ湖の日 環境美化活動2014
びわ湖の日 環境美化活動2014 6月2…
エコライフのつどい2013
11月2日(土)、彦根市清掃センターの「…

アイテム

  • 20171209_onibas_046_s.jpg
  • 20171209_onibas_047_s.jpg
  • 20171209_onibas_054_s.jpg
  • 20171209_onibas_026_s.jpg
  • 20171209_onibas_011_s.jpg
  • 20171209_onibas_003_s.jpg
  • 20171209_onibas_007_s.jpg
  • 20171209_onibas_004_s.jpg
  • 20171209_onibas_031_s.jpg