2015年9月アーカイブ

20150923_hawks_007.jpg毎年恒例になっている、彦根市の「快適環境づくりを進める会」主催のタカの渡りの観察会が今年も佐和山で開催されました。 【Webアルバム】 集合時間になって、開会の挨拶が始まるかという時に突如上空に現れた3-4羽のタカの群れ。 サシバと思われますが、弁天さん稜線のほうから城山方面へ輪を描きながら飛んでいきました。 20150923_hawks_009_02.JPGテンションが上がったところで、一路山頂へ。 20150923_hawks_013_03.JPGいつもならたくさんのタカ柱が上がる弁天さんの稜線方向には、ほとんどタカの姿が見られず、時折単発で東の方から上空を南下していく個体が見られるだけ。 少し雲が多く、上昇気流ができにくい状況だったため、今回は不発かとあきらめかけていました。 20150923_hawks_020.jpgところが、数羽の群れが北から佐和山山頂をかすめるように南へ飛んで行くのを見て市街地の方を見ると・・・ 20150923_hawks_028.jpg例年はあまりタカ柱が見られない雨壺山上空や城山上空、また荒神山方面にかなりの数のタカが乱舞しているのが確認でき一同大興奮。 観察会メンバー以外の登山者の方々も一緒になって、群れが見えなくなるまでタカの姿を追いかけました。 肉眼でも少ししか見えず、望遠レンズでも捉えるのが難しいくらい遠かったのですが、見えていた方の話では一度に100羽ほどの群れが集まり、全体では300羽を超えるタカが飛んでいたのではないかということでした。 全く期待外れかと思っていた今年の観察会ですが、最後に壮大なタカ柱が見られ、大満足の観察会となりました。 なお、今年のピークは前日の22日だったようで、近くの観察地である能登川の猪子山でのデータによると22日が2,373羽、23日が1,096羽となっていました。 また来年を楽しみにしたいと思います。
IMG_2358.JPG日曜日の観察会に備えて、前日土曜日に混みすぎたオニバスの葉の間引きと池全体に広がったアオミドロの除去作業を実施しました。10人ほどのメンバーの参加で思ったよりも早く作業を終えることができました。 市役所の掃除の後、彦根東高校のオニバスの様子を見に行きました。 IMG_2367.JPG 広々としている割に、葉の生育が悪いようです。 水質が悪いのが気になりますが、土の栄養が足りないのか日照時間などの影響によるものか等、何が影響しているのかは来年以降も調べないとわからないと思われます。 IMG_2366.JPG ちょっと水深が深いので、水面に顔を出している花はなく、水中で閉鎖花のまま実をつけているようです。 まだ花は咲くと思いますので、ブロックで鉢を底上げしてやると株の根本付近に日が良く当たって開花しやすくなるのではと思われます。
20150906_onibas_07.JPGあいにくの雨模様でしたが、たくさんの参加者をお迎えして毎年恒例の玄宮園の樹木観察とオニバスの観察会が開催されましたので、簡単にご報告いたします。 【Webアルバムはこちらから】 20150906_onibas_00.JPG20150906_onibas_02.JPG金亀公園事務所前のオニバス試験地の観察は予定に無かったのですが、花が咲いているのが確認できたので、玄宮園に入る前に急遽見に集まりました。かなり大きめの花が咲いていて、オニバスに特徴的な自分の葉を突き破って咲いている花も見られ、最初からみなさんのテンションもアップです。 20150906_onibas_04.JPG玄宮園入場前に、講師から玄宮園の樹木について簡単にレクチャー。 17世紀後期に4代目藩主・井伊直興が下屋敷として造営したという玄宮楽々園は、彦根城と比べると照葉樹中心の植生は同じですが、植えられている樹木の種類を見るとタブノキなどの割合が多かったりいろいろ違いがあるそうです。 20150906_onibas_05.JPG保全工事中だった楽々園も主なところは完成し公開が再開されています。 20150906_onibas_06.JPG講師の説明に、みなさん熱心に聴き入っておられました。 玄宮園の後、桜場駐車場から見下ろせるオニバスの天然記念物指定地を見に行きましたが、残念ながら今年は全く株が見られない状態でした。代わりに土手にたくさん出ていたキノコの観察など。 一旦、ここで第一部は終了し、第二部である市役所前池のオニバス観察へ移動しました。 20150906_onibas_08.JPG前日、会員で掃除した市役所の池ですが、こちらは花が顔を出していなくてちょっと寂しい観察会になってしまいました。ただ、大きな葉の裏側などが間近で見られて、みなさん興味深く説明に耳を傾けておられました。 20150906_onibas_10.JPG最後は彦鬼くんも登場して、しばしの撮影タイム。 ちびっ子も大人もかわいい彦鬼くんと一緒に写真を撮って楽しいひとときになりました。 今年は、始めてお見かけする参加者の方もだいぶ増えて、徐々にオニバスに関心が高まっているのを実感できました。一方、中堀の天然記念物指定地の状況はかなり悪いように見受けられましたので、来年がどうなるか非常に心配で、育たない原因の究明も引き続き取り組んでいかねばなりません。
00柴田さん_00_02.jpg みなさま こんばんは!事務局中川信子です 今日は、暑い中、オニバスの研修旅行でした。 参加者12名で、名古屋城と東浦町にいってきました。 名古屋城の外堀にしっかりオニバスがあり、感激でした。 天守閣から見たオニバスの写真です。 01天守閣から.jpg 東浦町の於大公園のオニバス池は見事な葉が広がっていました。 花はこれから見頃です。 04柴田さん_01.jpg 暑い中、案内してもらった東浦自然環境学習の森でオニバスが10株くらい生育していました。飛山池は今年はでなかったということでした。 オニバスを通じていろいろな交流ができました。 学ぶことも多く、これからの参考にしていきたいと思います。 ご参加くださったみなさまお疲れ様でした。 【Webアルバム】 09記念撮影.jpg

Twitter

アイテム

  • 20150923_hawks_028.jpg
  • 20150923_hawks_020.jpg
  • 20150923_hawks_013_03.JPG
  • 20150923_hawks_009_02.JPG
  • 20150923_hawks_007.jpg
  • IMG_2366.JPG
  • IMG_2367.JPG
  • IMG_2358.JPG
  • 20150906_onibas_10.JPG