2009年9月アーカイブ

20090926_sone_numa.jpg

9/26(土)に彦根青年会議所主催の「エコアドベンチャー in 曽根沼」というイベントがあり、彦根自然観察の会のメンバーが講師として参加してきました。
会のメンバーは、彦根城の屋形船(ただし屋根無し)を使って曽根沼の水生生物・植物を観察する「曽根沼探検隊」と沼の周りの野鳥や植物を観察する「自然はありが隊」を担当。

少し風があり船が流されて大変だったりしましたが、少し汗ばむほどのお天気に恵まれ、参加された親子連れの方々も丸一日楽しんで帰られたようでした。

私は、ずっと船のほうで佐藤さんの説明のアシスタントをやってまして、けっこう楽な役回りをさせてもらっておりました。陸上での保護者への説明担当の金子さん、出雲さん、お疲れさまでした。
また、「自然はありが隊」担当の方々もお疲れさまでした。

写真のほうは、曽根沼探検隊のものしか撮れていません。
【写真集はこちら】

あと、「既存種お助け隊」という外来魚駆除の釣りイベントもありましたが、個人的には目的はどうあれ子どもの手を使って生き物の命を奪うという企みには賛同しかねます。
この手の釣り大会が滋賀県のあちこちで行われているのは残念です。
在来種の環境保全のために人間が管理の手を加えるというのはやむをえないとは思いますが・・・

20090919_himi_12chogata.jpg

【写真集はこちらから】

連休を利用して富山の釣り大会に参加するついでに、9/19の午前中、氷見の十二町潟のオニバスを覗いてきました。
8/23のバスツアーに参加された方には特に目新しい写真や報告もありませんが、簡単にコメントしておきます。

氷見市の市街地から車で数分の郊外にある十二町潟は、想像していたよりこじんまりとした規模の水路で、自然をうまく利用して園地化され、訪れたときも市民の方々が散歩などに来られていました。
オニバスは橋の上からあちこちに葉を広げているのが観察できましたが、競合するヒシなどは橋の周囲には無く、保全のために何か手を入れられているのかなという印象でした。

20090919_12chogata_leaf.jpg

バスツアーの時にも指摘がありましたが、氷見のオニバスと彦根城のものを比べると、一見して葉の形や表面のトゲの付き方などが違うことに気づきます。
彦根城の葉は、成長するとほぼ円形になっているのに対して、氷見の葉は小さい頃の矢じり形の名残があり、ハート型というか、桃型というか、葉に切れ込みが入った形が見られます。
また、表面のシワも彦根城のものより少なくつるっとした印象で、それに付随するのかトゲも少ないように思います。DNAも少し違うと聞いていますので、同じオニバスでも系統が違うのかなと思います。

数日来の冷え込みのせいか、午前中にも係わらず残念ながら開花は確認できませんでした。また、バスツアーで報告のあった2mほどの大きな葉というのも橋の上や周囲からは良くわからなかったのが残念です。

p.s.
良く見るとワイド端で撮った写真の四隅がフィルタでケラれてますね。
プロテクトフィルタ付けたままPLを重ねたのが敗因みたいです。
次から気をつけよう。

明後日から富山まで行ってきます。
19日の午前中に氷見の十二町潟のオニバスを見てこようかと思ってます。
20日の朝、五箇山釣り大会がありますので、それに参加するついでです。
花は見えるでしょうか?
ちょっと楽しみです。

写真集だけ公開していた先週のオニバス観察会のレポートをようやくアップしました。

◆2009/9/6 彦根城オニバス観察会

「2009年活動予定・記録」のページからもリンクしています。

20090906_castle_hikone.jpg

ちゃんとしたレポートがなかなか書けないままですが、取り急ぎ写真集を公開します。

【日時】 2009/9/6 9:00 - 12:00

【観察場所・内容】
・ 金亀公園事務所前管理地でオニバス観察、説明
・玄宮園内樹木、植物観察
・桜場下の中堀オニバス自生地観察

もう少し詳しい報告はまた別途。

彦根城のオニバス観察会を実施します。

【日時】 9/6(日) 8時50分集合

【集合場所】 彦根城黒門前

【内容】
・楽々園、玄宮園で樹木観察
・桜場の土手から中堀のオニバス観察

当日はお天気も良さそうですので、ふるってご参加ください。
スタッフ一同お待ちしています。

昨年 8/30 の観察会の様子はこちらから。

20090901_wakaba1.jpg

20090901_wakaba2.jpg今日は青空の中、若葉小学校へ行ってきました。
3時間目と4時間目で6年生と5年生とにオニバスの話をしてきました。
若葉いこいの池のオニバスは花も咲きかけていてよかったです。

渡邊代表がオニバスがなぜ大切なのか、みんなで守っていくことの必要性を話されました。その後、オニバスの紹介をし、ひこにゃんを乗せてオニバスの葉の浮力のことなどを話してきました。

20090901_wakaba3.jpg市役所の葉を一枚採って持って行き、実際に触ってトゲの痛さを感じてもらいました。
全景写真で手前にある一枚の葉が市役所の葉です。

教頭先生がホテイアオイの株を乗せてどのくらいの重さに耐えられるかを実際に見せてくださいました。ちょうどニゴロブナの放流もされていろいろな生き物でにぎわう生命感あふれる「若葉いこいの池」です。

20090901_wakaba4.jpgみんながオニバスを好きになってくれるといいですね。
genki_s.jpgのサムネール画像

事務局 中川信子

Twitter

アイテム

  • 20090926_sone_numa.jpg
  • 20090919_12chogata_leaf.jpg
  • 20090919_himi_12chogata.jpg
  • 20090906_onibas_78onibas.jpg
  • 20090906_onibas_60kouhone.jpg
  • 20090906_onibas_45bugball.jpg
  • 20090906_onibas_33_dragonfly.jpg
  • 20090906_onibas_12_konki.jpg
  • 20090906_onibas_14flower.jpg